お金の切れ目は縁の切れ目

私は何の世話にもなっていない人へお金を貸した事が何度かあります。いずれも返済をされた事がありません。馬鹿ですね。「お金を貸して欲しい」と言って来る人の気持ちを考えてしまう私。余程勇気が必要だったのだろうなぁ。と甘い考えでした。借金の理由に「子供が病気で入院費用が払えないので、退院するしかないの。」などと言われると、都合をつけてあげたくなるのです。私も働いていたので、少しは自由になるお金がありました。この場合は主人には内緒で貸しました。息子と同じ学校の母親なので、顔は知っていました。ただそれだけです。

特別なお付き合いなどありません。純粋に子供の病気を心配して、お金を振り込んであげました。ちょうど年末の頃でした。この寒空に離婚して病気の子供を抱えて、そんな事を想像してしまったのです。ところが、今度は、「家賃が支払えないの。

年末を越せない。」と言ってきました。いくら何でも、私はそこまでできません。私にも大学入学を控えた息子がいましたからね。断りました。その代わり、前回に貸した20万円は返済しなくていいからと言った私です。断る方の気持ちも複雑ですよ。これに懲りて、二度と貸借関係など持ちたくないと思ったものです。この場合は貸借ではありません。もろに「欲しい」だけだったと思いますよ。返済できるとは思っていませんでしたので、20万だけにしたのです。その後、何かの連絡でもあればまだ見込みはあったのに。返済して欲しいと言う催促をするつもりの見込みではありません。

嘘を簡単について騙したのか?って事です。本当の事であるなら「あの時は、ありがとう。」と言えるはずです。たとえ返済ができなくても、私の気持ちも違っていたと思います。ところがまた、馬鹿な事をしてしまった私。2年前の事です。主人と私の共通の知り合いから、お金の都合を頼まれました。借金の理由は「親が心臓の病気で入院しているので、親不孝をした僕が支払ってやりたい。」との事です。又この手口です。

私には苦い経験がありますので、どうも気が進まなかったのですが、同じマンションという事もあり、所在がはっきりして居る為信用してしまったのです。それに何より、主人が「貸してやれ」と言うので仕方がなかったのです。本当に私達ってお人良し夫婦だと思います。50万は私にとっては大金ですよ。私の派遣の仕事で貯めたお金です。しかも、この男にも何のお世話にもなっていない。

どうして?主人と私って結局は見栄っ張りだと言う事になりますね。今更反省しても遅いです。こいつはマンションを出て、とんずらしました。親切心を利用する奴らの手口に怒りを覚える。今までは、借用書など書いてもらった事はありませんが、こいつには書かせてありました。バックにやくざがいるかも知れない。主人が携帯番号を入手しているので、交渉中です。しかし、「らち」があきません。親戚からも呆れられたヤツだと言う事らしい。その妻もこの事態を知っていたのに、平気な顔をしていた事が私には信じられません。私とは親しかったのですよ。嘘つき夫婦。

PR
逆援助交際を一度はやってみたいと思っているあなた!
すぐに相手が見つかる逆援サイトで楽々小遣い稼ぎ!